横須賀市の歯科クリニック様の剥離清掃

横須賀市の歯科クリニック様の剥離清掃の現場紹介です。

剥離清掃前

剥離清掃後

全体で100平米強、控え室などがカーペットでPタイル部分はおそらく60〜70平米くらいだと思います。

10年以上前から毎月ワックスをかけていた現場でしたが、前のクリニック様が廃業されて、新しいクリニック様になったそうです。

その際、一度だけワックスをかけたということでしたが、現地で剥離か通常の清掃か判断するということでお伺いしました。

お伺いしてあまりのワックスの厚さににびっくりしてこれはとても剥離は難しいということを最初お伝えしました。

隅の方で剥離剤を施工してチェックしましたが、やはり完全に取り除くことができません。

これでは申し訳ないが、通常のワックス洗浄としてやりますという事でご了承いただいたのですが、なんとその時少しポリッシャーを使用していてそのポリッシャーを通路の真ん中に置いてしまっていました。

さあ、洗浄しようとポリッシャーを動かしたところ、なんとそこが完全に剥離されているではないですか!

通路のど真ん中だけ丸く剥離されている現場、、、同業者ならおわかりでしょう、この時の気持ち。(笑)

腹をくくって全体の剥離をする事にしました。

剥離剤を10分以上つけてもほとんど取れませんでした。

一体、どれだけのワックスが乗っていた事か。。。

しょうがありません。カワスキによる、コリコリ作業の開始です。

この現場は本当に大変でした。

しかし先生がものすごく良い先生で、しかも最初に道具などを全て移動していただいていました。

もうなんとか頑張って、綺麗にしたいという思いだけで、ひたすらカワスキで取り除きました。

ワックスのカスが45リットルの袋まるまる一個分出ました。

しかしそれでも完璧には取り除けません。その後のワックス施工でこれが乾かない事。それでも扇風機を当て、最後は少しまだ乾いていない状態でしたが、エアコンをつけたまま、一日置いてくださいという事で帰ってまいりました。

でも、現場を見た先生がすごく綺麗になった、明るくなったと喜んでくださって、頑張った甲斐があったと思いました。

ただ、やはり自分たちが最初のワックス施工を行っていない現場の剥離清掃は、やらない方がいいかなとも思いました。

翌日、肩が痛くなりますから。(笑)

病院清掃はぜひ、弊社におまかせください!

    コメント


    認証コード8245

    コメントは管理者の承認後に表示されます。